Hewlaの競プロ記

競プロ記です。

Colorful Subsequence - AtCoder Grand Contest 031 A

AGC031-A, 200点でした。 問題リンク 解説 重要な点として、 部分列は全て異なる文字からならねばならない 文字列として同一でも、異なる位置から取り出された部分列は区別して数える ということがあります。 僕は問題文の勘違いもあってかなり迷走しました…

An Ordinary Game - AtCoder Regular Contest 064 D -

ARC064-D、500点。解き心地の良い問題でした。 問題リンク 考察の流れ わからないのでとりあえず手を動かしてみます。 話をすっ飛ばして、手を動かした結果わかったことをここに書きます。 文字列の両端の文字は消すことができないので、ゲーム開始前とゲー…

参加記 「みんなのプロコン 2019」

悪くはなかったけど良くもなかった A - Anti-Adjacency adjacent /ədʒéɪs(ə)nt/ (形) 隣接した A問題最難問かと思ったけど良く読んだらそんなことはなかった 端から1つ飛ばしに選んでいけばいいですね Submission #4204200 - Yahoo Programming Contest 2019…

When I hit my pocket... - AtCoder 「みんなのプロコン 2019」 C

400点。慎重にやります。 問題リンク 解説 ポッケを永遠に叩いていても1枚ずつしか増えませんが、A枚のビスケットを1円にして1円でB枚のビスケットを買ってくれば2回の操作でB-A枚増やすことができます。どっちがお得かな、というふうに考えたらいいと思いま…

Restore the Tree - AtCoder 全国統一プログラミング王決定戦予選/NIKKEI Programming Contest 2019 D

500点です。 問題リンク結局何を求めればいいのかの考察はすぐ終わりましたが、それをどう実装するのかでそれなりに詰まりました。 解説 「子孫へ有向辺を引く」とあります。このことから、新しい辺を引くことによって、根からその頂点への最短距離は短くな…

Different Strokes - AtCoder 全国統一プログラミング王決定戦予選/NIKKEI Programming Contest 2019 C

400点 問題リンク 考察の流れ 2人分の得点について考えるのは面倒なので、得点を1種類のみにしてやりたいです。最終的に出力するのは「高橋くんの点数 - 青木さんの点数」なので、この点数についてずっと考えてやると良さそうです。 こういう問題は、僕の場…

Double Landscape -AtCoder KEYENCE Programming Contest 2019 / キーエンス プログラミング コンテスト 2019 D-

500点です。 問題リンクを貼っておきます。 D - Double Landscape簡潔な解説は公式のものがわかりやすいので、ここには冗長な思考過程を書いていこうと思います。 考察の流れ テストケースがややこしいやつと貧弱なやつしかないので、手元で手頃なやつを生成…

参加記 -KEYENCE Programming Contest 2019 / キーエンス プログラミング コンテスト 2019-

参加記ですので真面目な解説は含まれていません。 A - Beginning cnt[10]みたいなのを用意して数字のでてきた回数を数えます。setでもよさそう。 B - KEYENCE String なんだか無限に難しくないですか。手元でテストケースを作って試したところ"keyencea"が通…

参加記 -CADDi 2018-

序盤のやらかし痛すぎる、、、 CADDi 2018 - AtCoder C - Product and GCD 積の素因数をN個で分ける訳ですね。たったこれだけのことなんですけど、焦ってlongであるべきところにintをつかう(1TLE)、焦って嘘を書く(1WA)をしてしまいました。というか、テスト…

Irreversible operation -AtCoder AGC029 A-

問題概要 一列にオセロの石が並んでいます。これに対し、次の操作をします。 「黒 白」と並んでいるものを裏返し、「白 黒」にする この操作は最大何回できますか 問題リンク: A - Irreversible operation 解説 「黒 白」と並んでいるものを裏返して「白 黒…

参加記 -AGC029-

これは参加記なので、内容は主にコンテストの反省です。 A - Irreversible operation 実験しないと本質に気づきませんでした。黒を右に動かしていくだけです。 これを3分ぐらいで通せないのもレート低下の大きな原因だと思うので早く受験終わらせて精進して…

Sum AND Subarrays (AtCoder Dwango Programming Contest V / 第5回 ドワンゴからの挑戦状 予選 - D)

散々なことをやりまくって時間を溶かしてしまいました 概要 長さNの数列の部分列からK個を選び、それぞれの部分列の和のANDを取ったものの最大値を求める問題。 B - Sum AND Subarrays 解説 ANDをとるので、選んだK個全てで立っているBITのみが残るANDの最大…

AtCoder AGC028 A - Two Abbreviations (300点)

ちょっとだけ迷走した。 AtCoder Grand Contest 028のA。 概要 問題URL A - Two Abbreviations二つの文字列(長さ), (長さ)が与えられる。 文字列(長さ)について、 はのどちらでも割り切れる の番目だけ抽出してくるとSと同じ の番目だけ抽出してくるとTと同…

AGC026 - 参加記

AtCoder Grand Contest 026です。お疲れ様でした。コンテスト当日もその次の日も模試ですが出ました。つかれる A - Colorful Slimes 2 AtCoderも異世界モノになりましたね。なんとなく「こうかな、、?」と思いついた解があったので実装して出したって感じで…

SoundHound Inc. Programming Contest 2018 -Masters Tournament- 予選 C, D - 解説

今回は30歳以上の方の枠が広いプロコンでした。かつて競プロですごく強かったみたいな人がでていらっしゃっていてかっこよかったです。憧れる〜コンテストサイトです。 SoundHound Inc. Programming Contest 2018 -Masters Tournament- - AtCoder C - Ordina…

AGC023 A, B

AtCoder Grand Contest 023です。僕の考えたことをゆっくり書いてます。 A - Zero-Sum Ranges 数列から二つ数字を選んだときにその間に並んでいる数字の和が0になる選び方はいくつありますかって感じの問題です。僕の解法を書いていきます。愚直に実装すると…

ARC095/ABC094 C, D

AtCoder Regular Contest 095, AtCoder Beginner Contest 094のC問題, D問題です。 C: Many Medians D: Binomial Coefficients 感想とか C: Many Medians まあまずこういうのってとりあえず数列をソートしますよね。ソートしたあとの数列とする前の数列を両…

GCJ ROUND 1A 2018

お疲れ様でした。2問目、3問目ほとんどわからなかったので撤退しました。 BとかCとかで上位勢が抜けたところを狙っていきたいと思います。 Waffle Choppers 縦にR行、横にC列並んだ正方形のセルからなる巨大な長方形のワッフルがあります。このセルにはチョ…

開設してみました

ブログを開設してしまいました。